ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャーとは、特殊な樹脂素材で出来ている部分入れ歯で、
軽量で軽く、弾力のある入れ歯です。
極めて審美性が高く、大きく口を開いても入れ歯をしていることがほとんど
分からないほどです。 部分入れ歯の床自体で歯に固定させますので、
留め金(クラスプ)が無いことからこの名前がつきました。
ノンクラスプデンチャーのメリット
・大きく口を開けて笑っても入れ歯だと気付かれにくい
・部分入れ歯を薄く出来るので装着感が良い
・口の中の違和感が少なくてすむ
・金属を使用しないため、金属アレルギーの方にも安心
ノンクラスプデンチャーのデメリット
・残存歯の状態によって使用できないケースがある
・定期的に作り直す必要があるので、維持費がかかる