インプラントとは

インプラントとはなんらかの理由で天然歯を失ってしまった人に適した新しい治療法です。
生体親和性の高い素材(チタン)で作られた人工歯を、顎の骨に埋める手術を行います。
インプラントには、ブリッジや入れ歯にはない長所があり、天然歯と変わらないような噛み心地を取り戻すことが可能です。
インプラントのメリット
  • ブリッジのように、健康な歯を削る必要ない。(健康な歯を削ってしまうとその歯の寿命は短くなるので、これは非常に大きなメリットです)
  • 見た目が良い。
  • 咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)が最も高い。(天然歯の約80%)
  • 違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる。
インプラントのデメリット
  • 手術が必要。
  • 骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。(骨を作る手術をすれば可能となる場合もあります)
  • 治療期間が長い。(約3ヶ月〜1年)
  • 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。
  • 治療後のメインテナンス(定期検診や歯磨きなど)がしっかりと出来ない人には向かない。
  • 値段が高い。(1本約25〜30万円)※ソケットリフトを伴うもので30万円